サークルデザイン は、「持続可能な共生社会の発展プロジェクト(3Sプロジェクト、SはSustainability, Symbiosis, Synergy)」のタスクフォースメンバーとしての活動を開始いたしました。

弊社は、自治体のサーキュラーエコノミー移行に向けた支援をする役割を担います。

持続可能な共生社会の発展プロジェクトとは?

内閣府ホストタウンイニシアティブの一環として、日本全国の各地域と海外との交流・関係構築や強化が求められています。これに伴い、各自治体の皆様へのより包括的なサポートを可能とするため、タスクフォースメンバー(現在14名)同士の協力体制にもとづく活動をスタートしました。 地域ごとの特性やニーズ、課題などを多角的に分析し、個の自治体、または他の自治体との協力体制を検討しながらBeyond 2020に向けた持続可能な共生社会の実現を視野に入れたご提案を行ってまいります。

持続可能な共生社会の発展プロジェクト公式ウェブサイトURL

https://gm-group.net/kyosei/

サークルデザインは、本プロジェクトに賛同し、自治体のサーキュラーエコノミー移行に向けた支援を、ホストタウン・ホストタウン相手国の関係構築を視野に入れながら支援をする役割を担います。今後、イベント等も実施してまいります。