医薬・化粧品・電気・化学分野におけるセミナー主催や技術図書の出版を行う株式会社情報機構様主催の研修「サーキュラーエコノミーを加速させるビジネスモデル構築方法のヒント~国内外の法令・ガイダンス・サステナブルファイナンスの動向を踏まえて~」の講師を代表・那須が務めさせていただきます。前回1月に引き続き担当させていただきますが、内容は少し応用・実践の要素を盛り込んでおります。受講料金が割引になるコードも発行しておりますので、ご希望の場合は info@circledesign.co.jp までお問い合わせください。

日時

2022年7月8日(金) 12:30-16:30

オンライン開催
お申込

下記URLより:https://johokiko.co.jp/seminar_chemical/AD220706.php

本セミナーのポイント

昨今認知が広がるサーキュラーエコノミー(循環型経済)。具体的実践においては、原材料調達・具体的な循環型ビジネスモデル構築・パートナーシップ・組織体制・法規制動向・ファイナンス動向の注視など、さまざまな観点から進める必要があります。

今回は、国内外の法規制や最新の動向を踏まえ、経済・環境・社会の三側面においてバランスの取れた、なおかつ実効性のあるサーキュラーエコノミーの構築の進め方について考えてまいります。

主な受講対象者は?
  • サーキュラーエコノミーについて学び始めた方。ビジネスモデルを構築したい方
  • サーキュラーエコノミーを企業・団体として推進していきたいと考えている方
  • サーキュラーエコノミーを巡る国内外の具体的な動きを把握したい方 等
本セミナーで得られる主な知識・情報・ノウハウ
  • 国内外のサーキュラーエコノミーに関連する規制やガイダンスの動向
  • サーキュラーエコノミーのファイナンス動向
  • サーキュラーエコノミーに関わる海外企業の具体的な取り組みの事例
  • サーキュラーエコノミーを加速させる組織体制やビジネスモデルの構築
  • サーキュラーエコノミーをどう拡大させていくか。コミュニケーションの視点から
セミナー内容
1. サーキュラーエコノミーとは何か?

1.1 サーキュラーエコノミーへの移行が必要とされる背景
1.2 サーキュラーエコノミーの位置付け
1.3 サーキュラーエコノミーの定義と原則
1.4 サーキュラーエコノミーのフレームワーク

2. サーキュラーエコノミーの最新動向

2.1 欧州のサーキュラーエコノミー:現在地(持続可能な製品イニシアチブなどから)
2.2 ドイツのサーキュラーエコノミーから学べること
2.3 環境省・経済産業省「サーキュラー・エコノミーに係るサステナブル・ファイナンス促進のための開示・対話ガイダンス」より
2.4 最新の企業事例を紹介

3. サーキュラーエコノミー×ファイナンスの動向

3.1 欧州タクソノミーが発信するメッセージ
3.2 サーキュラーエコノミー×ファイナンスの全体動向
3.2.1 サーキュラーエコノミー×ファイナンスの原則や考え方、ガイドライン
3.2.2 サーキュラーエコノミー×ファイナンスの推移
3.2.3 サーキュラーエコノミーにおいて、今後どのような開示が求められるか
3.2.4 サーキュラーエコノミー×ファイナンスの課題や論点
3.3 サーキュラーエコノミーファイナンスの最新事例 ~ブラックロック、インテーザサンパオロ、ABNアムロ銀行など大手資産運用会社・金融機関の取り組みから~

4. サーキュラーエコノミーのビジネスモデルの構築

4.1 組織体制:その理想形は?
4.2 サーキュラーエコノミー型ビジネスモデルの紹介とその考え方
4.3 サーキュラーエコノミー型ビジネスモデルの構築方法例
4.4 サーキュラーエコノミー型ビジネスモデル構築にあたり留意すべき点

5. 消費者とのコミュニケーション

5.1 サーキュラーエコノミーにおけるコミュニケーションの位置付けとあり方
5.2. 消費者とのコミュニケーション4つの観点
5.2.1 目標と現在地の公表
5.2.2 サーキュラーエコノミーにおけるコミュニケーション戦略はどうあるべきか
5.2.3 デジタル技術はサーキュラーマーケティングにどう影響するか
5.2.4 サステナビリティ全体を底上げするマーケティングについて考える
5.3 消費者の価値観の変容を捉える

6. サーキュラーエコノミーを巡る今後の論点と課題

6.1 地政学リスク対応を踏まえたサーキュラーエコノミーのあり方
6.2 ライフサイクル思考とサーキュラーエコノミー
6.3 環境再生型とは?
6.4 脱炭素との関係
6.5 デジタル技術・Web3.0との関係
6.6 2022年下半期以降の注目点~セミナー開催日頃の状況も踏まえて~
6.7 まとめ